製作事例: ステンレス架台

1. ステンレスの製缶加工

当社では、職人によるアナログ加工を重視し、社内工程として大事に育ててきました。

このブログではそのベースとなるマル秘技術を、こっそりとお教えします!
今回は、溶接と研磨技術を生かした、ステンレスの製缶加工の事例についてご紹介します。

当社では金属の角パイプやLアングル、Cチャンネルなどの型鋼材や板金部品を使って、フレーム形状を組み立てていく「製缶加工」を得意としています。

特にステンレスの製缶加工では、社内でのバフ研磨も含めて一貫して対応する事が可能です。

2. ステンレス架台

ステンレス製の架台は、食品や医療・製薬、理化学装置などで良く利用されます。
装置の躯体となるものが多く、強度が求められますが、それ以上に溶接ビードを除去して、全面バフ研磨仕上げにしたりと、単に組み立てる以上に仕上げに気を遣う製品です。

ステンレス架台

上のように、角パイプや板金部品を組立て、全面研磨仕上げするようなステンレス架台は溶接加工、研磨加工、板金加工と職人の総合力が必要な部品と言えます。

当社では、様々なシーンに応じた仕様の架台を、オーダーメイドで製作できます。

ステンレス製の架台でお困りの際には、是非当社にお任せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です